マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市

マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市

2004年に世界遺産に認められたモロッコの大西洋に面した小さな街に『マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市』が今も16世紀初頭に築かれた海の上の要塞都市として残されています。港町・カサブランカより90km南に位置していて、車で2時間ほどで行くことが出来ます。
 
1502年にポルトガル人が、インドの航路開拓の為の中継所・居住地域として現在のアル・ジャディーダの街に300m四方の要塞を築きました。それが『マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市』です。もともとは海に浮かぶ小さな島の上に、高さ8mの分厚い城壁で覆われたポルトガル人が住む為の街を造りました。

しかし1769年には、約200年におよぶ長い戦いの末、モロッコ王シディ・モハメド・ベン・アブダビ率いる軍の侵攻に敗れ、ポルトガル人は城壁内にある大西洋につながる「海の門」から逃げて行きました。

ポルトガル人が出て行った後、一時期廃墟化しましたがすぐに再建されます。その時に、ポルトガル語の地名「マサガン」は使用を禁止され、アラビア語で≪新しきもの≫の意味がある「アル・ジャディーダ」に改名されました。そして、イスラム教国の象徴であるグラン・モスクもこの頃建造されました。

『マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市』の一番の見どころが≪巨大貯水槽≫です。これは、当時のポルトガル司令官の邸宅だと推測されている家の地下から近年発見されました。50m四方の地下室となっており、ゴシック様式の円柱がある美しい貯水槽です。地上から雨水が溜まる仕組みになっていて、非常時には『マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市』にある各住居へ水路で流されていくようになっています。

≪巨大貯水槽≫は、特にお昼頃の観光がオススメです。貯水槽の天井中央には穴が空いており、そこから太陽に光が差し込むことによって、部屋内部全体が明るくなりよりキレイです。

その他にも、≪市立劇場≫や『マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市』近郊にある≪シディ・ブジット≫という高級リゾート地など、観光スポットがあります。アル・ジャディーダにもビーチがありますが、どちらかというと地元民が多く訪れるビーチになっているので、観光としては≪シディ・ブジット≫がオススメです。

現在では、世界遺産都市だけでなく、モロッコでも重要な港湾都市のひとつとなっています。特にイワシの水揚げ漁業が盛んで、街では獲れたてのイワシを炭火焼きして食べる地元民の人々を度々見かける程となっています。